コラム - クレジットカード現金化はそもそも違法?

TOP > コラム > クレジットカード現金化はそもそも違法?

コラム

クレジットカード現金化はそもそも違法?

クレジットカード現金化の違法性については様々な意見があり、各所で議論されています。
結論から申し上げますと「クレジットカード会社の規約では違反として扱われている」が「法律に反していないため違法ではない」というのが現状です。

では何故、クレジットカード現金化は違法性を問われてしまっているのでしょうか。
過去にキャッシュバック方式を採用する業者が出資法違反で摘発された事例があることから違法性があると指摘する声もありますが、その時に罪に問われたのはあくまでも「法令で定められた金利の上限金額を上回っていた、事実上の金融業である」としたことが原因であり、クレジットカード現金化という行為そのものを罰したわけではありません。

例えば、初めから現金化する前提でブランド品などを購入して専門店またはオークションサイトにて売却したとなると良い印象は受けません。
ですが、恋人にプレゼントをしようとブランド品を購入したが別れてしまったので売却したとなれば全く同じ行為にも関わらず、イメージはグッと変わりますよね。

日本語特有の難しさから有耶無耶になっており、明確に法律に違反となっていないため絶対に違法だと言う人、断じて違法ではないと言う人、グレーだとう言う人、様々な意見に分かれています。

クレジットの現金化にはリスクがある

クレジットカード現金化が違法性を問われる理由には、相応のリスクがあることが理由です。

クレジットカードを利用停止にされる可能性がある

クレジットカード現金化はカード会社の規約に違反しているため、万が一現金化していることが発覚した場合、利用停止処分あるいは解約を言い渡される可能性もあります。
また、解約されてしまった場合は過去の利用分(返済が完了していないもの)の代金を一括で請求されてしまいます。
現金化に利用した分だけであれば良いのですが、それ以前に行った通常の買い物やキャッシング枠でお金を借りていた場合はその分も全て一回で返済をしなくてはなりません。

詐欺などの犯罪にあう危険性がある

違法性が明瞭にされていない業種のため、どうしても悪事を働く輩が発生してしまいます。
現金化のために渡した個人情報やクレジットカードの不正利用、契約した現金のふりこみがされない等の被害も過去にありました。
また、現金化で利用した分のショッピング枠の返済を『故意に放棄した場合』はカード会社からお金を詐取する行為として「詐欺罪」に該当してしまう危険性もあります。

金銭面でマイナスになるサービスである

クレジットカード現金化は確かに比較的簡単に現金を手に入れることが出来る方法ですが、どのような方法を用いても利用したショッピング枠以上の現金を手に入れることが出来ません。
使えば使うだけ当然カード会社に返済しなくてはならないお金も増えていきます。

リスクはある程度回避できる

上記で述べた3つのリスクにある3つ目の金銭的なマイナス面はどうあっても回避することは出来ませんが、上の2つは違います。
まず1つ目のカード利用停止に関してですが、これは現金化業者を介して行えば全く心配する必要はありません。
現在の現金化業者はきちんと商品価値のある物を販売しているサイトと提携しており、購入した際に違和感のない物(通常誰もが買い物するであろう物)で手続きを行います。
故にカード会社から疑いの目を向けられることもなければ、ましてやクレジットカードの利用停止のリスクはありません。

2つ目の詐欺、犯罪に関しては選ぶ業者次第な所は正直ありますが、令和のこの時代にネット上で個人情報の無断使用や振込まないなどの悪徳商法を行っている業者は営業停止になるなどしっかり淘汰されています。
よっぽど捻くれた業者の探し方をしない限りは被害に遭う可能性は限りなく低いですが、問題は利用者の方です。
通常通り、ショッピング枠の利用⇒カード会社へ返済を行っていればノーリスクです。
しかしカード会社への返済を故意に行わなかった場合はカード会社への詐欺罪または横領罪などの罪に問われてしまう可能性があります。
また、返済を行わなかったことによりカードの利用停止や解約処分を下されてしまうため、考えられる中でも最悪な状況に陥ってしまいます。

使いすぎると返済が大変になる

クレジットカード現金化はショッピング枠の残高がなくならない限り使い続けることが出来ますが、利用した分または設定した支払額の分は引き落としまでに口座にお金を入れておかなくてはならないため、必ず返済が出来る範囲で利用するようにしましょう。

上記で述べたように、カード会社への支払いが滞ると詐欺として扱われてしまう可能性も0ではありません。
返済が出来ないと分かった時点でカード会社へ連絡すれば、可能な範囲で分割を組んでもらえるかもしれませんが、ほぼ確実に遅延損害金を請求されてしまいます。

リスクはあるが違法ではない

クレジットカード現金化はむやみに行ったりしなければ、利用者も業者側も逮捕されることはありません。
しかし、一歩間違えたら大きく損をしてしまうリスクもある行為だということはしっかりと意識しておいてください。

目先の換金率を追い求め悪手を選択してしまうと何らかのきっかけでカード会社に発覚してしまう可能性がありますし、そうなると今の生活のみならず今後しばらくは金銭的に苦しくなってしまいます。
今のところクレジットカード現金化という行為に違法性はありませんが、自分の首を絞めてしまわないように返済可能なキャパの範囲で安全面を追求し、なおかつ損をしないためにも換金率も高い所を利用するようにしましょう。

クレジットカードのショッピング枠現金化のお申し込み

ご利用可能カード

当サイトでは、日本で発行されているクレジットカードのほとんど(99%以上)をご利用頂けます。

VISAやAMEXはもちろん、
全てのクレジットカードが
使えると言っても間違いではありません。

現金化のお申込み

簡単入力でお申し込み頂けます。
24時間年中無休で受付
わかりやすくご案内致しますのでお気軽にお申し込み下さい。

クレジットカードのショッピング枠現金化のお申し込み

お急ぎならお電話で

お急ぎの方はお電話にてお問い合わせください。迅速に対応致します。

お電話からのご連絡もお気軽に!
(年中9:00〜23:00)
0120-900-393へ電話でお問い合わせ

お問い合わせはお気軽に

現金化が不安な方はお気軽にお問い合わせ下さい。ご納得頂けるよう精一杯の対応をさせて頂きます!

お電話からのご連絡もお気軽に!
(年中9:00〜23:00)
ショッピング枠現金化に関するお問い合わせ
換金館は24時間年中無休

換金館は24時間年中無休で営業しております。メールによるご相談はinfo@kankinkan.comへ、お電話は0120-900-393にお願い致します。

Copyright © ショッピング枠現金化の換金館 All right reserved.
今すぐお申し込み